【世界一周 90日目】ウクライナ キエフ『チェルノブイリ原発事故見学ツアー』

こんばんわ!!  てつです(^^)/





今日は「チェルノブイリ原発事故ツアー」に行ってきました!!ウクライナに来た時から行きたかったツアー。福島の原発事故があって、日本に住む自分たちも他人事じゃないよな。



てことで、今日はしっかり勉強してきます(^^)  ちなみにツアーは予約の仕方にもよるけど、80ドル?(約9000円)くらい。なかなかの高額ですね( ゚Д゚)


【事前知識~そもそもチェルノブイリ原発事故って何?~】


●1986年にソ連のチェルノブイリ原子力発電所の4号機で起きた事故で、世界最大の原発事故に分類されている。被害レベルは7段階で、最悪の7に分類されている。ちなみに、7に分類されているのはチェルノブイリ原発事故と福島第一原発事故のみ。

●原因は根本的な設計の欠陥。運転員への教育不足。実験が予定通りに行われなかったにもかかわらず強行した。などがあげられる。

●死者は約4000人(諸説あり)。強制移住者は数10万人以上。被害地域はロシア・ベラルーシ・ウクライナ。現在チェルノブイリが位置しているのはウクライナ。放出された放射性物質は広島市に投下された原子爆弾の400倍と言われている。



【その他の知識】
●事故当初、ソ連はパニックや機密漏えいを恐れ事故を内外に公表せず。住民は避難措置もとられないまま数日間、高線量の放射性物質を浴びながら生活し被爆した。

●事故の翌日にスウェーデンの原子力発電所で高線量の放射性物質が検出され、事故が世界中に発覚。

●日本でも雨水から放射性物質が検出された。

●事故発生から2週間ほどで、原発から半径30キロ以内に居住する約11万6000人が移住した。 ➡ 2010年までは、30キロ以内は立入禁止にされていた。

●事故当時4号機まであった原発だが、当時ウクライナ政府は4号機の事故後もエネルギー不足のため残りの原発を稼働させていた。4つ全ての原発が停止したのは2000年。






以上。最強のウィキペディアさんかの情報です!一応僕もツアーに行く前にある程度予習をして入るタイプなのですが、やっぱり事前知識があるとツアーも興味深いですね(^^



【ツアーの流れ】

8:00 集合
独立広場に集合。本日はハンガリーのアンダンテであった旅人ゆうくんと3人で参加。ゆうくんとは「愛のトンネル」も一緒に行って結構行動を共にしてます(^^)
15人くらいののバスに日本人が俺ら含めて4人おった(1人は大学生)。追加料金で放射線の探知機?を借りた(^^



分かるかな?ツアーの集合場所での数値は0.16マイクロシーベルト毎時です。

【数値の基本情報】
1シーベルト=1000ミリシーベルト
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト。
つまり1シーベルト=1000000マイクロシーベルトです。

一般に年間で100ミリシーベルト浴びると健康に被害が出ると言われています。ちなみに地球上で人間はどこでも放射線を常に浴びていて、年平均で2.4ミリシーベルト浴びているようです。4000ミリシーベルトを全身に浴びると、被爆した人の半数が骨髄障害で死亡するとのこと。
※放射線情報はいろんな情報がありすぎて何が正しいか正確にはわからなかったので、気になる人は各自で調べてね。





8:15 出発
約2時間ちょっとかけてバスでチェルノブイリに向かいます。道が悪すぎてアトラクションみたいでした。バスの中ではチェルノブイリ関連のビデオを見たけど、よくわからんかったので、自分でスマホで調べてた笑。




30キロ圏内に到着
ここで、パスポートチェックを行います。


スカウター(ここからはこれで呼びます)。数値は0.13。


事故に関する情報が載っていました。



訪問開始
まずはチェルノブイリの入り口にある酒場。人が立ち退いてすでに30年近く。廃墟とかしています。



民家。


街の入り口の看板。キリル文字(ウクライナの言葉)で「チェルノブイリ」と書いています。


街の中心にあるモニュメント。


ささっているのは村、街の名前の札。この原発事故の被害はベラルーシが一番大きく受けたらしく、ウクライナ、ロシアを含め、これだけの村がなくなってしまったとのこと。


野犬がいっぱい。



その後は町にある幼稚園へ。幼稚園の入り口の木はホットスポット(放射線が多くたまっているとのこと)


数値は6.89.根の付近まで近づけると10近くまで数値は上がり、警報音が鳴り始めます。ガイドさんに聞いたところ、放射線を帯びた雨や土壌から水を吸って成長する木は、根元に近いところが放射線をためやすく、数値が高くなるとのこと。


幼稚園の室内。室内は数値は低くなり0.2程度。放置されたベッド。

使いかけの教科書?



放射線が大量に付着しているものなので、物を持ち出したりすることもできず、放置されたのかなと。このツアーでも、
「放射性物質が付着するので地面に座らないこと」
「バスの外での飲食は禁止」
「植物や建物に触らないこと」
などが事前に言われていました。

原子力発電所付近
原子力発電所4号機。すでにシェルターをかけて、放射線が漏れないようにしている。


不謹慎化もしれませんが、一応ここで3人で写真。


プリピャチの町

~プリピャチとは~
●チェルノブイリよりは知っている人は少ないと思いますが、原発施設の北部に位置する町。原発に従事する人のために作られた町で、事故までは約5万人が生活していた。

●現在は立ち入り禁止区域で誰も住んでいないゴーストタウン。郵便番号は消滅して割り当てられておらず、人が住めるまで放射性物質のレベルが下がるまでは900年かかるといわれている。



町の入り口



ガイドさんは元の町の写真と比べて説明してくれる。ただ英語が難しくて理解は3割(´-ω-`)


数値は1.44。このあたりはどこも0.5を越えてる。そりゃ人住まれへんわ。林の中はだいたいの場所が1付近まで上がる。


スーパーマーケットの中。廃墟。


映画館。


開園を待たずに封鎖された遊園地。結局誰にも使われることがなかったんやな。




そこからタワーマンションへ。


頑張って16階まで登って見たプリピャチの町。まさにゴーストタウン。これがつい30年前までは5万人の人でにぎわってたとは信じられへん。当時は、スタジアム、マーケット、パブやバー、運動施設なども作られてたけど、事故後はすべて廃墟に。



町の病院へ。レセプションに置いてある服は数値が60まで跳ね上がる。この服は作業員が来ていた服で、その人は事故の被害にあって病院に運び込まれたが死んでしまったらしい。30年たって、この数値をなお残してる服。恐怖でしかない。


手術室。まじでバイオハザード。夜は絶対一人で来られへん。






~ツアーを終えて~

なんかもはや廃墟ツアーみたいな感じやったけど、来てよかった。チェルノブイリやプリピャチの町をみて、原子力発電所の起こす事故の大きさがひしひしと伝わってきた。

30年たった今でも立ち入り禁止の場所があって、何万人と住む町が消滅して、たくさんの人がその被害を受けて、亡くなる人もいて。そして未だに自分の住んでいた故郷に帰れずにいる人がいる。

それだけ大きなリスクを伴いながら原子力発電所は発電してる。

ただ、事故後も他の1~3号機が操業を続けたように、原子力発電の電力が必要な地域も絶対にある。

本当に難しい問題なんやと思う。

同じように、チェルノブイリの事故と同じ最悪レベルに分類された福島第一原発の事故を抱えた日本。

完全に素人やから深いことは分からんけど、原子力発電には相当な利権が絡んでたり、そこで働く作業員がおって、それで生計を立ててる町もあって。やから簡単に「原発なくせ!!」って言うのは難しい話なんやと思う。

だって、自分の仕事なくなったら、家族どうやって生活するん?って人たちもいっぱいおると思うし。

やけど、その反面。

やっぱりこのチェルノブイリの事故後をみると、ここまでリスクを抱えて原子力発電に固執する必要はないんじゃないのかなって俺は思う。

それこそ、世界で起こる地震の10%は日本。っていうくらい日本は地震大国で、土地的に悪い条件下のもと、限りある資源を使って発電して、処理の仕方が分からない核のゴミが出続けるわけやから。

やから、ゆるやかに廃止の方向に向かうのがいいのかなって。

まー考え方は人それぞれやから詳しくはわからんけど。

難しい問題やね。でも、こうやってツアーに参加したからこそ色々調べられて、自分の考えもできてよかったかな。

ちなみに日本の福島の現在はどうなんやろ?

時間見て調べてみます。




以上。チェルノブイリ原発事故見学ツアーに参加して考えたことでした!!







てなわけで、ツアーを終えたのが午後7時半。そっから、参加してる大学生に教えてもらったラーメン屋に行ってみる(^^)/


なんとウクライナにはラーメン屋があるとのこと!しかもがっつり日本の!

ラーメン屋ー!!独立広場から歩いて10分くらいのマクドの横にあるアジアン料理外の一角にある「ラーメン武蔵!」

調理も本格的!

メニューも見やすい!


やばくない?(^^)/ちなみに対応してた店員さんも日本語の勉強をしてる子で日本語がっ上手やった(^^)/



てわけで、ウクライナからは明日のフライトでハンガリーのブダペストに戻って、次はクロアチアを目指します!!



ではでは最後まで読んでくださりありがとうございました!!



応援よろしくお願いします(^^)/


コメント

★にほんブログ村~世界一周~に参加しています。1日1クリック。応援をお願いします!★

●【32か国目】アメリカ

●【30か国目】ボリビア

●【26か国目】ポルトガル

●【24か国目】スペイン

●【23か国目】フランス

●【22か国目】ギリシャ

●【20,21か国目】イタリア、バチカン市国

●【19か国目】ドイツ

●【18か国目】イギリス

●【17か国目】アイスランド

●【16か国目】チェコ

●【15か国目】オーストリア

●【14か国目】クロアチア

●【13か国目】ウクライナ

●【12か国目】ポーランド

●【11か国目】ハンガリー

●【10か国目】セルビア

●【9か国目】 ブルガリア

●【8か国目】トルコ

●【7か国目】エジプト

●【6か国目】ベトナム

●【5か国目】カンボジア

●【4か国目】ラオス

●【3か国目】ミャンマー

●【2か国目】タイ

●世界一周

●世界一周準備のブログ

●徒然日記

●日本旅行のブログ

投稿時にメールでお知らせします。登録はこちらから!

連絡はこちらからお願いします!

名前

メール *

メッセージ *